4.30渋谷デモに参加
・その①
グライム、ロードラップなどのイギリス最新カッコいい音楽の動画やミックステープをガンガンTwitterで紹介してる人がいたのでフォローしていた。bcxxxという人。最新のラップミュージックへのレベルミュージック的な側面への光の当て方がとか、コアなハードコアも通ってたり(プロフィールで自らストレートエッジと謳ってたり。自分の知り合う凄くセンスのいい奴はだいたいハードコアを通っているので、もはやオシャレさん必聴音楽になっている。ちなみに自分はダサ男なので聴かない)とか。bcxxxさんは”物言いもスマートで知識も豊富、服の趣味以外は、とても自分好みの、クレバーな人”要員としてフォローの中にいた。

・その②
そんなbcxxxさんのオシャレツイートやリツイートをチェックする中で「なんで新宿、渋谷で(デモを)やらないのか…」「もし渋谷でデモやるって言ったら参加する人は…」という流れが出てきた。特定の偏った団体が全く関与しない形で、デモが発生しようとしていた。反射的に賛同のリツイートをしていた。その後賛同リツイートはみるみる増え、この件について語られる事も「こんなデモがあったら…」的な話から、実施日程など具体的なものに変わっていった。

・その③
震災以降、やはり原発問題にはかなりシリアスになっており、家族や職場の友人と、放射能汚染について、浜岡原発やもんじゅについて、現体制の管理能力の無さ、エネルギー政策まつわる利権や癒着なんかがずいぶん身近になってしまったのでいろいろ話したが、話して腹を立てても何も変わらないのは知ってる。フラストレーションを感じていた。昔、政治的な議論は大好きだったが、その後の無意味感や自己嫌悪がハンパないので嫌いになった。なのでそういう話をするのはめんどくせーからやーめよ、という事にしていたのだが、今はそれじゃすまされなかった。昔と変わったこと。おれには子供がいるということ。

・その④
子がいると社会問題についてシリアスに、なる。自分は平和主義者のつもりだ。ていうか争いが嫌いだ。消耗するから。争うくらいなら、許容限度であれば自分がガマンして事を済ませたい。争いたくない。声を荒げたくない。でも子供の事だと全然無理なんだ、やっぱ。子供に何かされたら、容赦なく殴れるし殺せる。少しもガマンできないし、する気もない。だからもし、原発事故の影響でうちの子が死んだら、自分は東電でも保安院でも議員でも、関わった奴を必ず殺しにいく。で、出来るだけ多く殺す。バカと徒党を組んでもいいかもしれない。1人でも多く殺せる。その後の世の中なんてどうでもいい。絶対報復する。てな具合で、原発問題についてもだいぶシリアスだった。

続く。
[PR]
by s_lowdeath | 2011-05-04 08:10 | 大震災覚え書
<< 4.30渋谷デモに参加② やったこと >>


意味無し芳一
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31